2014年10月 3日 (金)

ガンダム Gのレコンギスタ

高校時代からの友人がメカニカルデザインを手掛けた『ガンダム Gのレコンギスタ』が放映スタート。東京ゲームショウの件といい、色々と本当に誇らしい。プラモデルも楽しみ。

Gyobu

|

2011年12月22日 (木)

空バカ

ヤフオクで落札。

Karatebakaiticdai

少年マンガも懐マンだと大人になった今でも面白い。

次は『アストロ球団』と『キャプテン』を読もう。

|

2011年5月 7日 (土)

クレヨンしんちゃん

■映画クレヨンしんちゃん DVD【嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲】10/11/26発売 ■映画クレヨンしんちゃん DVD【嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲】10/11/26発売

販売元:アットマークジュエリーMusic
楽天市場で詳細を確認する

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』 85点

大人は必ず泣ける傑作と噂の映画版クレしん。やっと観ました。前々から面白いとは聴いていましたが、確かに良かった。ちょっと反則なぐらい大人の琴線にストレートに訴えてきます。東京タワーや大阪万博が出てくる映画って大人は皆が皆、好きですね。2010年の映画秘宝ベストワンが『キックアス』で2001年のそれが今作というのも納得の良作。もう一回観たい。

|

2010年3月 5日 (金)

コスモスに君と

懐かしの名作アニソンを紹介します。

子供の頃も大人になった今でも、イデオンには特に思い入れは無いんですが、このエンディング・テーマはすごく良く出来てると思います。美しい歌声はなんと戸田恵子。


コスモスに君と / 戸田恵子

アリオンやガンダムもそうなんですが、富野アニメの主人公ってヘアスタイルが必ずアフロかチリ毛ですね。

|

2010年2月10日 (水)

ウシジマくん

闇金ウシジマくん 1 (ビッグコミックス)Book闇金ウシジマくん 1 (ビッグコミックス)

著者:真鍋 昌平
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

闇金ウシジマくんにはまってます。
今、最新巻の17巻を読んでるところです。

あまりにも描写が現実的すぎて、不快に感じたり、ちょっと卑屈な気分になるエピソードもありますが、作者の独特な慈悲というか、倫理感が伝わってくるのは4巻あたりからでしょうか。最初読みだしたときは、あまりの救いようの無さに、読み続けるのを躊躇いました・・

Dscf9658
こういう描写もそうなんですが、経験の無い事に対して一体どういう取材をすればこんなリアルさを表現できるんだろう・・

これまで読んだ青年誌系漫画のなかでも指折り面白いです。

|

2009年10月15日 (木)

アイアムアヒーロー

Dscf7886

最近読んでいるマンガです。
今話題のマンガとかそういうのに疎いんですが、こういう青年誌系のマンガは昔から好きです。

で、アイアムアヒーロー、凄い。ヤンマガっぽい作風だなと思ったんですがビッグコミックスピリッツ連載なんですね。まだ1巻しか出てないので気分的に入りやすいというか、流れに追いついている感じがしてちょっと嬉しい。マンガも時代を映す鏡なので、僕は一気にまとめ読み出来なくても、新巻が出るごとに読めたらそれでいいのです。

|

2008年7月29日 (火)

COBRA

なつかしいものを見つけました。
今聴くと都市型ポップなオシャレサウンドですね。

スペースコブラ OP&ED / 前野曜子 

エンディングもメロウで良い感じ。
アニソンにもこういうジャパニーズAORがまだまだ眠ってそう・・

|

2007年12月14日 (金)

泣けるアニソン

銀河鉄道999の映画のエンディング曲。切ないですね〜。字幕の書体とこの声のバランスが良いのかな。すごく込み上げてくるものがあります・・


SAYONARA/Mary Macgregor

|

2007年1月24日 (水)

ムーたち

Dscf3483_1
モーニングに連載中の榎本俊二の『ムーたち』という漫画。面白いし、絵もかわいい。装丁も漫画では珍しいぐらいにすごく良い感じ。

Dscf3489
©榎本俊二/講談社

|

2006年10月20日 (金)

こち亀

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」は30周年なんですね。本屋に行くと超こち亀という分厚い豪華本が出てました。鳥山明とのコラボとかもあるらしい。で、僕がこち亀を読み始めたのは小3の時で、親戚のお兄ちゃんに貰った30巻(当時の新刊)がきっかけだったんですが、それから22年経った今では既に151巻まで出てるんですね。100巻ぐらいまでは好きで読んでたんですが、高校生ぐらいからなぜか全くマンガを読まなくなってしまって・・・で、10数年経った今、またちょっとずつコミックス集めてます。

Kochikame_1
個人的に秋本治のギャグセンスが一番ピークだったと思うのは、この辺り(30〜50巻)です。なかでも37、41、47、49巻が特に好きです。

Dscf2573
良く出てくるワンシーン。部長に怒られそうになった時に孫の話をする両さん。デレッとなる部長が好きです。なんか癒されるなぁ。

Dscf2568_2
こち亀定番の”オチ”ページ。真面目で堅すぎる性格の真締(まじめ)君が両さんと一晩過ごして、変貌してしまうというオチ。

オフィシャルHPとは別にジャンプオフィシャルのこち亀サイトというのがあるんですが、このトップページのキャランダムを見てるだけでも癒されます。

|

より以前の記事一覧