トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

北斗の拳

Hokuto_1

「北斗の拳」が好きなんです。オタクと自慢出来るほどの哲学や知識はなく北斗グッズも特に持ってませんが、飲み会などで北斗の話になると100%テンションがあがります。あまりそういう機会は無いですが・・・

北斗三兄弟が揃う、聖帝十字陵の話が特に好きなんですが、
新作映画ではまさにその章が描かれてるみたいですね。黒王号から降りないラオウはもちろん格好良いですが、シュウやサウザーも良いですね。キャラクターはそのほとんどが、戦いで死ぬ事によって伝説化するのが格好良いわけであって、ストイックで強すぎるケンシロウは、ライバルを魅せる引き立て役という感じがします。

元少年ジャンプ編集長の話によると、北斗の拳はまだまだ描き切れてない原作が存在しているようです。実は膨大なストーリー展開を考えてるらしく、その構想は「スターウォーズ」で言うと、北斗の拳は「エピソード4」。蒼天の拳は「エピソード3」、北斗神拳が日本にやってきた話が「エピソード2」、北斗神拳が生まれた話がエピソード1」という構成らしい・・・商売がうますぎるというか、全部の話が完結するまでに半世紀以上掛かりそうですね。最近の映画にしてもそうですが、リメイクや続編が多いですよね。ある程度、認知度があると広告費を制作費に回せたり色んな意味で収益を出しやすいのかもしれません。

そういえば今こうやってブラインドタッチが出来るようになったのも、タイピングソフト「激打」を”楽しんでやってたから”という事に気づきました。充分オタクですね。

|

2006年3月30日 (木)

声に出して読めない日本語

Zusan

意外と本当に読めない日本語ばかりで面白いサイトです。
もちろん辞書に載っていない専門用語や人の名前もたくさん出てきますが、気の利いた例文はさすが糸井重里。コピーライターならではの解釈です。
七草粥の7種類なんかは、漢字になると全くイメージが違いました。
仏の座はともかく、ハコベラが漢字になると読めないし、一度見ただけでは二度と書けません。
漢字検定レベルの当て字のような漢字は、キリがないのでよっぽど好きでないと覚えるだけ、ある意味時間の無駄ですね。そのルーツは中国か日本なのかわかりませんが、きっと昔の人がヒマつぶしに作ったものだと思われます。
おっと、杜撰”ずさん”な事言ってますね。

声に出して読めない日本語

|

2006年3月29日 (水)

タバコとクリエイティブ

タバコを止めてもうすぐ1年が経ちます。13年ぐらい吸い続けていたので禁煙を決めた直後はさすがにきつかった。脳や体は当然ですが、やがて第6感みたいなものがニコチンを欲しがるんです。
少し大袈裟に聞こえるかもしれませんが飲み会などで目の前で人にうまそうに吸われると、我慢に限界がきて体が震えだしたりっていう事もありました。そのうえ、喫煙者はタバコを止めさせたくないのか「我慢は逆に体に悪いよ」とか「急にタバコを止めて脳梗塞になって死んだ人がいるよ」とか言いだします。止めたいと思っている人にとってその害は周知の事実ですが逆説的な害を説かれると、思わずタバコに手を伸ばしそうになります。そんな心理作戦にもめげず、頑張りました。
自分の場合、止めた動機は結構単純で何人かを除いて友人のほとんどが一斉に止めたのがプレッシャーだった事と、新居に越すので匂いをつけたくなかった等々、ちょっと格好悪いですがメリットよりデメリットを気にするようになったからなんです。
でもいまだにメリットの部分で葛藤している自分がいます。クリエイターの仕事だけに限らないと思うのですが会議などでアイデアを出さなければいけない状況に直面した時、なかなか良い発想が思いつかないと一端中断するんですが、休憩中の喫煙ブースでタバコを吸いながら気軽に馬鹿馬鹿しい会話をしているとだんだん盛り上がって話も膨れあがり、面白い提案につながっていく事があるんです。実際、喫煙してた時はそうやって会議後の会議みたいな事をやって色んなアイデアが生まれました。なんとなくタバコにはそういう不思議な効力があるような気がしてなりません。でも嫌煙家でスーパーアイデアを出している人には「スモーカーの独特な言い訳」にしか聞こえないかもしれませんね。これからはタバコを吸ってる感覚でアイデアを出す事にしよう。
どうでもいいですが、ドラゴンボールに出てくる亀仙人が普段20キロの亀の甲羅を背負っていて戦いの場面になるとそれをはずし、身動きが敏速になるというのがありましたが、煙をずっと吸っているのを止めた途端に嗅覚が確実に鋭くなりました。

Coffeeandcigarettes

「コーヒー&シガレッツ」は禁煙者にはキツイ映画ですが、とにかく会話が面白い。トム・ウェイツって音楽も良いですが俳優としてもやっぱりかっこいいですね。


|

2006年3月28日 (火)

東京竹葉亭の蒲焼

Tikuyoutei今日の晩御飯はちょっと贅沢で自慢したかったのでアップしました。東京竹葉亭の蒲焼きと肝焼です。鰻は色々食べましたが、この竹葉亭のやつが特に好きです。

|

2006年3月24日 (金)

鳥肌の立つカレー

Dscf0118_1とにかくカレーが好きで週に2〜3日は必ず食べてます。レトルトカレーも割と好きなんですが、なかでも「鳥肌の立つカレー」はお勧めです。キーマとチキン両方とも美味しいけどキーマがやっぱり好き。結構辛いです。ヤフーショッピングで「ケンタロウカレー」というケンタロウ監修のカレーの缶詰を注文したのですが届くのは4月下旬で、まだまだ先・・・。後で気づいたんですが販売元がどちらもエム・シーシー食品でした。インドカレーでもレストランカレーでも、なんでも好きですが「何カレーが好き?」っていう話になった時は、”キャンプで作るカレー”が好きって言うようにしてます。景色が良い場所ほど、外で食べるカレーが最高。おこちゃま用レトルトのアンパンマンカレーでもウマイと思う。

|

2006年3月16日 (木)

スウェードアッパー

Dscf0061昔から靴が好きなんですが、改めてスニーカーがマイブームです。マニアはこういう傾向を出戻りというみたいですね。それで最近気づいたのですが靴棚にはアッパーがスウェードのスニーカーばかりが並んでいて、なかでもアディダスのキャンパスとプーマスウェードが特に多かった。画像の3種はそれぞれメーカーのCIが違うだけでデザインはどれもほぼ同じです。周りの靴好きの友人達と靴話になった時に履きやすく飽きのこないパターンのスニーカーとして話題にあがるのも、このキャンパスかプーマスウェード。アッパーは水色でも緑色でも何色でも良いのですがやっぱりソールは白がベスト。服でも何でも好きになると色違いで揃えたくなります。

|

2006年3月12日 (日)

精米機

Seimaicurry
頂いた精米機を使って玄米から精米したてのお米は、とても美味しかった。カレーライスにするのがもったいないぐらい。

|

2006年3月10日 (金)

デジカメをデジカメ撮影

Dsc08845_4_1
新しいデジカメが届いたので早速実験してみました。画像左が買ったばかりのfinePIXで右がサイバーショット。新旧でデジカメの”撮り合い”をしたのですが薄暗いシーンでもフラッシュを使わずに背景まで綺麗に撮影できるfinePIXはその性能が如実に出てます。白熱灯の下でもこれだけ明るく撮れると補正の手間が随分省けます。花火も綺麗に撮れるというのがすごい。コンパクトで軽いので重宝しそう。

|

2006年3月 8日 (水)

トイズ・マッコイ インディー・ジョーンズ

Indy数あるコレクションの中でも特にお気に入りなのが、このインディージョーンズのアクションフィギュア。メーカーがハリソン・フォードへプレゼントする予定だった数体が空輸中で盗難に会い、本人の手元に届かず結局手にいれることが出来なかったらしく、メディアに「誰でもいいから僕のフィギュアを1000ドルで売ってくれないか?」というジョークをかましたというのはマニアの間では有名な話。

フィギュアの販売元であるトイズマッコイの代表、岡本博嗣氏はその昔、雑誌「ポパイ」で表紙のイラストを描いていた事もある多彩な人(今月号のフリー&イージーの表紙も同氏のイラスト)で、ミリタリーウェアで有名なリアルマッコイズやBUCOの復刻ヘルメットも実は岡本氏の仕事だったりします。

その岡本氏がこのフィギュアの造形担当として依頼したハマハヤオという人がこれまたすごい人で、海外にもファンが多く”マスターハマ”と呼ばれるほどの凄腕の持ち主。他にも数々の作品を生みだしているハマハヤオの造形の魅力に取り憑かれてしまって以来、メーカーでもキャラクターでもなく、作家さん(原型師)でフィギュアを選ぶようになったので好きでもない大魔神や七色仮面などのキットまで買ったりしてます。

チノパンのドレープ感や指先の表現など、原型師によって解釈が違うんだなあという感じで、自分にとって、おもちゃというより芸術作品化してます。

海洋堂の宮脇専務が認める日本三大原型師は「生き物の骨格を原型の材料にしてしまう竹谷隆之」、「チョコエッグの松村しのぶ」、そしてハマハヤオで自分の好み的にも納得してしまう3名。

ちなみにこのフィギュアは定価36,000円で、あるトイショップではハリソンフォードがジョークで発した1000ドル(約11万円)というプレミア価格で実際に売買されていたというからビックリ。

|

2006年3月 7日 (火)

乗馬マシン

Joba2_1
勢いで買ったナショナルのフィットネスマシン、ジョーバをやりだして2週間が経ちました。腹筋と足腰の筋力アップに効果的らしく、確かにウエストが締まってきた気がする・・・。フィットネスクラブに会費だけ払ってほとんど行ってない人にはこのマシンを買うほうが経済的な気がします。ただ、この強烈なブルーといい、デカさといい、インテリアに最悪です。今日もさっきまでピザを頬張っていたので今から15分を2セットやる予定。


|

2006年3月 5日 (日)

adidas1

Adidas1_1_1
ある人へのお祝いとして購入したアディダスワンというスニーカー。ソールにセンサーがあって、ランナーの体格、走行スピードや路面の状況を感知し、クッションの固さを調節する機能がついた優れモノ。店頭にあったジュラルミンケース入りをプレゼントしたかったけど販促用としてセットされたものだそうで、買うことが出来ませんでした。その昔、バック・トゥ・ザ・フューチャー2で登場するナイキの自動で靴ひもを結ぶスニーカーがやたら欲しかったけど、近い未来、ウインドウズ搭載のスニーカーとか出てきそう・・・。

|

トップページ | 2006年4月 »