« 声に出して読めない日本語 | トップページ | 信じてもらえない話 »

2006年3月31日 (金)

北斗の拳

Hokuto_1

「北斗の拳」が好きなんです。オタクと自慢出来るほどの哲学や知識はなく北斗グッズも特に持ってませんが、飲み会などで北斗の話になると100%テンションがあがります。あまりそういう機会は無いですが・・・

北斗三兄弟が揃う、聖帝十字陵の話が特に好きなんですが、
新作映画ではまさにその章が描かれてるみたいですね。黒王号から降りないラオウはもちろん格好良いですが、シュウやサウザーも良いですね。キャラクターはそのほとんどが、戦いで死ぬ事によって伝説化するのが格好良いわけであって、ストイックで強すぎるケンシロウは、ライバルを魅せる引き立て役という感じがします。

元少年ジャンプ編集長の話によると、北斗の拳はまだまだ描き切れてない原作が存在しているようです。実は膨大なストーリー展開を考えてるらしく、その構想は「スターウォーズ」で言うと、北斗の拳は「エピソード4」。蒼天の拳は「エピソード3」、北斗神拳が日本にやってきた話が「エピソード2」、北斗神拳が生まれた話がエピソード1」という構成らしい・・・商売がうますぎるというか、全部の話が完結するまでに半世紀以上掛かりそうですね。最近の映画にしてもそうですが、リメイクや続編が多いですよね。ある程度、認知度があると広告費を制作費に回せたり色んな意味で収益を出しやすいのかもしれません。

そういえば今こうやってブラインドタッチが出来るようになったのも、タイピングソフト「激打」を”楽しんでやってたから”という事に気づきました。充分オタクですね。

|

« 声に出して読めない日本語 | トップページ | 信じてもらえない話 »