« ボビー・コールドウェル | トップページ | アボカドバーガー »

2006年4月15日 (土)

タタキ修理

Bige0何本か穴のあいたジーパン(デニムって言いにくい)があったので補修をしに、"直し屋さん"に行きました。タタキ修理は穴の大きさによって金額も違ってくるので、直す場所が多いと新しいジーパンが1本買えてしまうぐらい高くつきます。3本で計8箇所を直したのですがやっぱり高かった。でも格好良くなったので文句なし。タタかれている箇所は生地が2重になっているので頑丈になった気がして嬉しくなってしまいます。クラッシュ加減がひどかったり、ペンキ加工やネルシャツなどの別素材を縫い付けたリメイクジーンズを最近良くみかけますが、あまりハードになりすぎず適度にクラッシュしてるジーパンが良いですね。Bige1直し屋に持って行ってジーパンをカスタムする感覚が楽しくて、なんとなくハマリそうです。破れそうにない濃いインディゴのジーパンにわざと大きい穴を開けてタタキに出してリメイクしたいぐらい楽しい。


|

« ボビー・コールドウェル | トップページ | アボカドバーガー »