« カーズ | トップページ | ♯4 »

2006年12月11日 (月)

Superstition

盲目というハンディを背負いながら、5歳でピアノとハーモニカをマスターし、11歳でモータウンと契約、12歳でプロのミュージシャンとしてデビューしたスティーヴィー・ワンダー。

ジャスコ(スーパーマーケット)の看板を見つけたら、思わず、「あ、ジャスコ〜 トゥ〜セイ〜 アイラ〜ブユ〜」と思わず「心の愛」を口ずさんでしまうほど、僕はスティーヴィーが大好きです。




Superstition 邦題は「迷信」。好きになったきっかけはやはりこの曲でした。

|

« カーズ | トップページ | ♯4 »