« アウトシームのあたり | トップページ | LOST シーズン2 »

2007年2月 8日 (木)

Parabootとエポキシ接着剤

下ろしたてのパラブーツを履いて、チラチラ足元を気にしながら軽快に歩くこと約20分。突然、パカッという音がしたので何かモノを落としたかなと思って後ろを振り返ると左かかとのソールが取れていました。周りに人が居なくて良かった・・・

Paraboot
接着部分の経年劣化かなとか色々考えましたが、まさかソールが取れるなんて有り得ないし聞いた事がありません。で、気になって右かかとのソールを手でちょっと引っ張ったら簡単に取れました。新品なのに・・

Dscf3548
そこで抜群の性能を発揮してくれる強力な接着剤があります。ソールが取れたと同時にすぐに頭に浮かんだのがこの接着材。レジンキット制作用に使っているエポキシ系接着材なんですが、経年による劣化が殆ど無く対衝撃、耐久性に優れた特注の接着剤なんです。ちょっと怪しい感じですが、AとBを混ぜて使用します。

Paraboot2_1
12時間硬貨型なので作業性は悪いですが、アロンアルファなどの瞬間接着剤を付けるなんて安易な事をしてはいけません。

Dscf3449_1
悪天候状況に耐える事が出来る靴として有名な定番靴も、職人のソール接着が適当だと一瞬で残念な靴になってしまいますね。なんだか他のパラブーツも心配になってきた・・・

|

« アウトシームのあたり | トップページ | LOST シーズン2 »