« さすらいのうどん職人 | トップページ | ウォーキング »

2007年9月14日 (金)

無人島レコード

Mujintorecord_2
レコードコレクターズの創刊号で『無人島レコード』って本があります。
「無人島に1枚だけレコードを持っていくとしたら?」といった永遠のテーマを各界の著名人が回答した読み応えのある本なんですが、実際に自分が選ぶとなると結構むずかしい質問ですね。

スティーヴィーの「キー・オブ・ライフ」が真っ先に思い浮かんだんですが、2枚組アルバムだとどちらか1枚に決めないといけないルールがあるみたいで。

ビートルズもアルバムをひとつだけしか選べないとなるとどれか迷うし・・・

ユーミン・ブランドとか、大滝詠一のロング・バケーションとか、日本人の声も聴きたくなるだろうなぁ・・・とか、ハワイアンだと過酷な状況でも南国リゾート気分に浸れるかなとか、やっぱり聴く度に新たな発見があるボサノヴァかなぁ・・・・とか悩みに悩んだ結果、このレコードに決めました。

Donnyhathaway_2
33歳の若さで自ら命を絶ったダニー・ハサウェイが世に残したアルバムはたったの3枚。

なかでも「ライブ」は説明不要の名盤中の名盤。こういうのってどうしてもベタで王道になりがちですが、良いものは良いし、しょうがない。

あまり知られていないと思うんですが、ダニー・ハサウェイがこのアルバムを発表したのは実は26歳の時なんですよね。最初にこのアルバムを聴いたときは50過ぎのオッサンが歌ってるとばかり思ってました。

とにかく黒いです。マーヴィン・ゲイの歌う『ホワッツ・ゴーイン・オン』がUCCのミルクコーヒーだとしたら、ダニーのは、ほろ苦いエスプレッソってぐらい黒い。まあそれだけ深みのある大人なアルバムって事です。

皆さんはどのレコードを選びますか?


|

« さすらいのうどん職人 | トップページ | ウォーキング »