« 下呂〜飛騨高山 | トップページ | だし醤油 »

2007年10月22日 (月)

パンズ・ラビリンス

Panslabrinth_2

精神的にキツい描写が多かった為か、観終わった直後は何とも云えない感情になりました。残酷で救いようが無いという意味で『ダンサー・イン・ザ・ダーク』や『ライフ・イズ・ビューティフル』に似た悲壮感があります・・・

ただ、それらと一味違うのは妄想の世界なのか現実の世界かという解釈が全て観客に委ねられているところ。

それにしても容赦のないグロテスク表現がとにかく多かったです。おとぎ話の原作も実は結構グロい描写が多いって聞いた事があります。シンデレラの姉たちは硝子の靴を履かせるためにかかとを切り落としたとか・・そういうオリジナルな要素を効果的に入れたかったんでしょうね。

万人に受けるとは思いませんが、個人的には大好きです。ファンタジー映画はこういうダークな部分を追求したものほど強い気がする。本質が細部まで考え抜かれた稀に見る傑作ではないでしょうか。

パンズ・ラビリンス 通常版DVDパンズ・ラビリンス 通常版


販売元:アミューズソフトエンタテインメント

発売日:2008/03/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 下呂〜飛騨高山 | トップページ | だし醤油 »