« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月28日 (金)

chukka

Russellmoccasine
サイズ選びの難しいRussell Moccasinをネットで買うのはちょっと不安なんですよね。早速届いたものに足を通すと案の定、少しキツ目でした。で、この靴はとにかく履き心地がよろしくない・・・。僕はまだ持っていませんが、ノックアバウトも確か履き心地があまり良くないという噂。多分ソールに問題があると思います。オーダー出来るみたいなので、いつかスポーティング・クレー用のソールに張り替えよう。

|

2007年12月27日 (木)

「逆転イッパツマン」のベース

どこの誰だか全く知りませんが、やたら上手いです。このアニソンの歌詞とチョッパーのアレンジとのギャップが最高に面白い。間奏も妙にかっこいい・・・。

|

2007年12月19日 (水)

UFOの存在

これまでも政府関係者や国会の質疑の中で未確認飛行物体や異星人に関する議論が何度かありましたが、政府は正式にその存在を否定しましたね。

昨晩のニュースで観た話ですが、オタクにやたら人気のある麻生大臣は、千億以上ある銀河系の中で人類以外の生命体が考えられないというのは想像力が無さ過ぎると言ったようなコメントをしてましたが、僕も正にそう思います。

僕自身、目撃した事は無いし、矢追純一の特番で観るようなグレイ(目の大きい宇宙人)とか、目にする情報全てを信じているわけではありませんが、とにかくワクワクしますよね、UFOとか異星人の話って・・・

先月だったかな。大阪の金属加工会社の工場に謎の落下物が落ちて来たってニュースにも相当ワクワクしました。


  助走無く突然スピードをあげてピタっと動きが止まる。
  こんな瞬間移動はCG以外に無理ですよね。



  割と有名な映像ですが、2つの小さな物体の動きが・・



  見とれてしまうほどに美しいミステリー・サークル。
  デザイン年鑑にも載ってないのではと思うぐらい綺麗。



  グーグル・アースで確認出来る?ミステリー・サークル。
  最後のグレイは要らん。

|

2007年12月18日 (火)

♯8

面白画像、また色々と頂きました。

1116671312826

20jj

52375407

60424

10

Abunaiyo

541

940210_2126

0507197

556

Image060_3

Image046_2

Image008

16

|

2007年12月14日 (金)

泣けるアニソン

銀河鉄道999の映画のエンディング曲。切ないですね〜。字幕の書体とこの声のバランスが良いのかな。すごく込み上げてくるものがあります・・


SAYONARA/Mary Macgregor

|

2007年12月12日 (水)

大沢誉志幸と岡村靖幸

毎回、全く関係のない取り合わせですが、バブリーでナルシストなこの二人の名前を聞いて懐かしいなと思った人もいることでしょう。多少、時代は感じさせるものの、日本のソウル・ミュージックという系譜において山下達郎からの流れを組んでいるアーティストと言っても過言では無いはず・・・

そして僕は途方に暮れる/大沢誉志幸

この曲はCHARAもカバーしてましたね。



  イケナイコトカイ/岡村靖幸

色んな人たちが色んな形でカバーしているスウィート・ソウル。
学生の頃は正直、この人にちょっと抵抗がありました・・・



  イケナイコトカイ/meg

megのカバーも切なくて良い感じ。

|

2007年12月 6日 (木)

GREAT 3と片寄明人

マルコス・ヴァーリ等、ブラジルものにも造詣が深い片寄明人率いるハイセンスな3ピースバンド、GREAT 3。バンドメンバーの平均身長が180cm強っていうのも業界では珍しいですね・・・


Oh Baby plus/GREAT 3


片寄明人・chocolat(ショコラ) - VERANDA

最近はメロウな日本人AORばっかり聴いてます。

|

2007年12月 1日 (土)

100円

昨晩、TSUTAYAへ行くとレンタル落ちCDの
中古ワゴンセールやってました。

Dscf6640
全部100円でした。100円だったら失敗してもいいなと思ってとりあえず20枚選んで買ったんですが、それでも約1枚分の値段ですね。音楽もダウンロードする時代なので、CDを買うのはやっぱり30〜40代が多いみたいですが、今の世の中、様々なジャンルの音楽が溢れまくっているせいか、若い人たちが良い音楽を良いと判断出来ずに何を買っていいかどうか分からなくなってしまってるのは事実でしょうね。それにしても何も100円にしなくても良いのに・・・

|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »