« 仮面ライダーを作る ♯2 | トップページ | 仮面ライダーを作る ♯4 »

2008年1月30日 (水)

仮面ライダーを作る ♯3

ブーツ、グローブの塗装。

Dscf7686
画像は、基本的なエアブラシ塗装を終えたところ。ここからさらにある演出を加えて精度を上げていきます。

アクロバティックな戦闘シーンが見どころのライダーは、スチール等の資料を見ると、ブーツもグローブもやや使い古した感じがあります。そんなブーツの劣化、塗膜の剥げやクラックみたいなものをフィルターを利用した塗装で表現したいと思います。

Dscf7654
フィルターは何でも良いですが、花粉マスクなどの中身のガーゼを利用してみても良いかもしれません。

Dscf7662
ガーゼごしにエアブラシを吹き付けるだけで、こんな感じの模様が出来ます。

ラッカーで下地塗装が終われば、次のステップは面相筆での細かい描き込み。成分の違うエナメル塗料で塗装すれば専用のシンナーで落とす事が出来るので失敗しても何度でもやり直し可能です。その性質を活かした塗装方法が「ウォッシング」と呼ばれるもので、ガンプラのスミ入れなんかもこの技法が使われています。

Dscf7691
凹凸部分にシンナーで薄めたエナメルを流し込むように塗って行きます。その後、凸部分をシンナーでうまく拭き取れば凹部分だけ微妙に塗料が残り、メリハリが付くというわけです。

♯4へ続く・・・

|

« 仮面ライダーを作る ♯2 | トップページ | 仮面ライダーを作る ♯4 »