« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月30日 (金)

フランケンシュタイン男爵 ♯5

基本工作その3。キットの仮組。

Dscf9805
頭部はコンパチ仕様なので、普通に2種とも付け替え可能にしたいところなんですが、せっかくだし、もう1つの頭部を使ってミニバストを作る事にしました。


Dscf9699
簡易な型取用の粘度を
胸部あたりまで押し付けて・・・


Dscf9809
その型にレジンを流し込み、固まったら
それを取り出し、さらにエポキシパテで調整。


Dscf9811
出来はまずまず。後は塗装で勝負です。


Dscf9815
頭部のアップ。瞳のモールドは別段、必要ありません。
なので、デザインナイフで削ぎ落としました。


Dscf9830_3
基本工作の全工程が終了。これは仮組の状態。
改めて見ても全体のバランスが良く完成度の高いキットです。
そしていよいよ塗装作業に入ります。

♯6へ続く。

|

2008年5月29日 (木)

やさしい人物画

Dscf9835
別に普段から人物画を頻繁に書いてるわけでもないんですが、こんな本買いました。


Dscf9851_2
読む人の解釈によってはすごく難しい事も書いてあります。これは、音楽と同様に人物のラインにもリズムがあるという話。


Dscf9842_2
新たな発見があったり、色々と勉強になります。いつかフルスクラッチでGKを作りたいと思っているので、その時は、この本を参考にしようと思います。

|

2008年5月28日 (水)

フランケンシュタイン男爵 ♯4

基本工作その2。各パーツの接着、組立作業です。

Dscf9722_3
使用する工具。


Dscf9720
男爵のステッキ。最初からセットされているものはプラ製なので歪みがあったり、なんだか頼りのない感じ。なので同じ径の真鍮線に振り替えて組み上げていきます。


Dscf9730
左手にピンバイスでステッキ用と缶用の2つの大小の穴を空ける。缶用の取手は、細い真鍮線を通して直角に曲げます。


Dscf9717_3
取手を付ける為の穴を空けます。そしてエポキシ接着剤で缶へ接着。劇中ではこのスチール缶に生首が入ってました・・


Dscf9738_2
ステッキを通して、男爵の左手部分が完成。


Dscf9799
そして、これが頭部。2種のコンパチです。
このピーター・カッシングっていう俳優、どこかで
見た事あるなと思ってたら、スターウォーズに
出てくるグランド・モフ・ターキンでした。


Dscf9789
けやきで作られた便利な土台。これは木工好きな父親の特注です。たかが塗装を乾かす為だけのものなのに、オイルフィニッシュまでされてて・・この贅沢仕様が実家から4つも届きました。

♯5へつづく

|

2008年5月26日 (月)

フランケンシュタイン男爵 ♯3

基本工作その1。バリ取り作業です。

Dscf9638
レジンキャストのガレージキットはニ分割した型で成型されているので、パーティング・ライン(合わせ目)やバリがあります。特に海外GKは画像のように状態もひどく、処理も大変です。


Dscf9656
バリ処理は、彫刻刀、デザインナイフ、
リューターなどで削って行きます。


Dscf9659
パーティング・ラインはひたすら
紙ヤスリで研く。段差の状態によって、
ヤスリの品番も使い分けが必要です。


Dscf9661
足の裏など、フラットに研ぐには、
ウッドラックパネル(貼パネ)に
貼って使うと便利です。


Dscf9734
丸2日ぐらい、こんな作業ばかり
やってますが、なかなか終わりません・・・
まだまだ先は長い。

♯4へ続く・・・

|

2008年5月24日 (土)

今週のガラモン

Dscf9779
ガラモンのボトルキャップです。
小さい割に良く出来てます。

|

2008年5月23日 (金)

N°17

Dscf9687
全体にメロウで好きな楽曲ばかりのこのアルバム。リリースから18年近く経ってるんですね。サウンド・プロデュース陣が豪華なだけあって当時のアイドルのCDにしては珍しく、シングルがメインではなくアルバムとして構成されてます。


いつか きっと / 小泉今日子

藤原ヒロシといえばNatural Born DubとかDawnが好きでたまに聴いてますが、ユーリのサウンド・トラックもお奨めです。


Dscf9697
そして、サザンが活動休止ですね。良いタイミングで身近な人からこんなCD貰いました。

リリースされた当時、中学1年生だったんですが、このCD、1万円もしたんでとても買えませんでした。すいか柄のトランクス&パンティ付の限定ボックスで、近所の中古レコード屋では発売1年後に7万円というプレミア価格に・・・

それにしても、このCDといい、小泉今日子のCDといい、ジャケットのデザインだけはさすがに時代を感じますね。

|

2008年5月22日 (木)

わなか

Wanakataooiri_2
美味しいと評判のわなかのたこ焼。確かに美味しかった。
外側がカリっとしてるのに、中は半熟みたいに柔らかい。
普通なコメントですが、これがなかなか出会えない味わいなんです。例えが悪いですが、プチシュークリームをオーブンで温めたような食感。

ただ、中面が柔らかい分、出来たてはエグい熱さです。猫舌には罰ゲームになるぐらい熱い。

「甲賀流」や「あほや」にしてもそうなんですが、同じたこ焼屋でもそれぞれちゃんと個性があるから面白いですね。自宅でもよくたこ焼をやるけど、なかなかインパクトのあるものは作れません。

粉もんはやっぱり奥が深いな・・

|

2008年5月19日 (月)

フランケンシュタイン男爵 ♯2

まずは、キットのガス抜き、洗浄です。
レジンキットはソフビと違って中空部分がなく”ムク”なので発生する気化ガスの量も多いです。充分なガス抜きが出来ていれば、完成後に塗装が剥離したり、塗装後にベタ付きが起こることもありません。


Dscf9647
鍋にいれて煮る。こうやって煮沸する事によって、ガスを抜いていきます。キットのゆがみもこれでほぼ戻ります。


Dscf9651_2
次に洗浄。中性洗剤でゴシゴシ洗います。熱湯に浸かった直後のキットは離型剤も落としやすいです。


Dscf9654
中性洗剤で洗うだけで充分だと言う人も多いですが、それだけだとなんとなく不安なので、専用の離型剤落としを使ってもう一度拭き取ります。意外に”キッチリしい”な性格なんです。

後はキットを天日干し。紫外線に当てることによってプライマーの食いつきがさらに良くなります。今日は、天気が悪いのでこのまましばらく放置プレイです。

♯3へつづく・・・

|

2008年5月17日 (土)

Dscf9632
父親から芋焼酎の贈り物。好きな薩摩茶屋ほか計6本も。
芋好きは父親譲りなんです。ありがとう、父。

|

2008年5月16日 (金)

今週のガラモン

Dscf9602
ヤフオクで落札したガラモンの手拭いが届きました。
「隕石怪獣〜」の文字入りなのが残念・・・
こんな手拭い、いらんと言えばいらん。

|

2008年5月13日 (火)

コンピューターおばあちゃん

パフュームの勢いもすごいですね。
最初に見たのは確かHEY!HEY!HEY!に出演してた時だったと思うんですが、ポリリズムを聴いた時はちょっとした衝撃でした。

で、たまたまYouTubeで見つけたんですが、
これもある意味すごい曲。


その名も「コンピューターおばあちゃん」。

普通っぽい親近感のあるアイドルが
音楽性の高い事をやってるっていうギャップが
ちょっとパフュームに近いかも・・・

|

2008年5月12日 (月)

日記

5月11日(日)

正午に起床。ひさしぶりに良く寝ました。

中途半端に家の掃除をしてお好み焼「やき然本店」へ。
自宅の近所で一番美味しいお好み焼屋さんです。

お酒が飲み足らず、その後PAPER MOONへ移動。
ここで飲めるセコイヤ・グローブというワインがめちゃ美味しいんです。芋焼酎もアイラ・モルトも大好きですが、1年でビールの次に一番良く飲むお酒は実は赤ワインだったりします。
隣で子供がえらくはしゃいでるなと思ったら、橋下知事が大家族で御飯食べてました。


Ronmueck
この日の日記と全く関係ありませんが、画像はハイパーリアリズム彫刻家のロン・ミュエック作品。リアルすぎて怖い・・ですが、この人の肌の質感のペインティングはとても参考になります。

|

2008年5月 9日 (金)

今週のガラモン


DECOチョコ
が届きました。

Garadamamonster
こうやって15個が綺麗に箱に収まっている状態が
デザイン的にも、感覚的にも気持ちいい。


Dscf9597

|

2008年5月 8日 (木)

タイガーのスーパーショット

2005年マスターズの16番ホール。
タイガー・ウッズのスーパーショット。


本物の凄さはやっぱり、映画以上の興奮です。
各企業もCF等でこの映像を使うのに躍起になっていたと思うんですが、ブランド広告として効果があったのは、タグ・ホイヤーより、ナイキの方だったとか・・
タグ・ホイヤーのロゴ、最後だけですが、
ナイキのスウッシュ、この映像だけで5箇所。

そして、ナイキのゴルフボールはこの後に売れまくったそうです。

|

2008年5月 7日 (水)

フランケンシュタイン男爵 ♯1

旧1号ライダーもゴモラ他も全部売れました。趣味でやってるとはいえ、完成作品として満足してもらえるというのは、やっぱり嬉しいことです。これ、仕事(製作代行)としてやってる人も世の中にはたくさん居ると思うんですが、採算合うんでしょうか? 僕はただの趣味なので気楽なものですが・・。

で、こちらは製作依頼品のフランケンシュタイン男爵のキット。今日、届きました。

Dscf9260
ベースも良い感じ。これはゆっくりと時間をかけて、イメージを膨らませつつ、キットとにらめっこしながらじっくり製作して行きたいと思います。
趣味でやってるとはいえ、製作代行はやっぱりちょっと緊張しますね・・


Baronmustbedestoryed_2
フランケンシュタインって、実はそれを造った博士の方の名前なんですよね。僕もあんまり詳しくはないんですが、映画検定の勉強してた時に知りました・・・

♯2へつづく・・・

|

2008年5月 3日 (土)

伍久楽

松島遊郭のど真ん中にある伍久楽さんへ行ってきました。
それにしてもすごい場所・・

Dscf9289
ふぐの白子焼。こげたところがやけに美味い。

Dscf9291
うに、大好きです。
よく見ると好きなネタのベストばかり・・

好きな焼酎を飲みながら贅沢な一時。
伍久楽、最高でした。

|

2008年5月 2日 (金)

セブンのヴィネット

Ultraseven01_2
これ、完成させました。
タイトルの通り、小さいジオラマです。
色々改造して作ったので完全な1点モノ。
セブンはなんとガシャポンです。


Seven000
それほど詳しくなかったセブンの怪獣たち。
ここにいる怪獣達の名前は全部憶えました。

|

2008年5月 1日 (木)

Feist

なんか今更という感じですが、ファイスト、好きです。コリーヌ・ベイリー・レイと同様、声にやられました。



   

   

   

One Evening / Feist

この妙なPVも面白い。

|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »