« 今週のガラモン | トップページ | Freak »

2008年6月 5日 (木)

フランケンシュタイン男爵 ♯6

塗装の下処理をしていきます。

Dscf9857
画像はプライマー(右端)とサフです。プライマーは、塗料と素材を密着させる為のもの。これで塗料の剥離を防ぎます。サフは気泡を埋めたりする下地処理に使います。画像左のプライマーサーフェイサーというのは両方の成分が入ってるものなので一缶二役なんですが、画像右端のフィックスプライマーは、これまで使った中でも1番食いつきが良く、レジンキットにはとにかくまずこれを吹かないと安心出来ません。携帯電話とかのモックアップに使われているのも同社の製品だという噂。というわけで、プライマーを最初に吹いたあと、軽くサフを吹いて行きます。


Dscf9869
サフでも埋まらない気泡には溶きパテを使います。
右は埋めた状態。


Dscf9876
ガンプラを作った事がある人なら、
この瓶を見た事あるはず。

下処理後、本塗装に入ります。

・・・で、製作中のキットのモチーフに
なっているのがこの映画。

Mustbedestroyed
『フランケンシュタイン 恐怖の生体実験』

怪物が出て来ないからこそ映えるピーター・カッシングの魅力。当時はこれでもすごく恐ろしくホラーな作品だったんでしょうね。話のテンポや展開も王道中の王道。久々に映画の基本を観たという感じ。


Dscf9762_2
よりイメージしているものに近づける為、
印象的なシーンをキャプチャーしてます。

それにしても、梅雨入りで湿気が多いこの時期、
塗装作業がなかなか捗りません。

♯7へ続く・・・

|

« 今週のガラモン | トップページ | Freak »