« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月29日 (金)

Swing Set

かっこいい。

Swing Set / jurassic5

|

2008年8月27日 (水)

モーガン・フリーマン

Morganfmn_4『ドライビング Miss デイジー』
『ショーシャンクの空に』
『許されざる者』
『セブン』
『コレクター』
『ディープ・インパクト』
『スパイダー』
『ミリオンダラー・ベイビー』
『ダニー・ザ・ドッグ』
『アンフィニッシュド・ライフ』
『ラッキーナンバー7』
『最高の人生の見つけ方』
『ダークナイト』

知的で温かみのあるキャラクターのモーガン・フリーマン。彼の名前がクレジットされたタイトルは不思議に感じるぐらいハズレがないんですよね。囚人から大統領まで幅広い役を安定感のある演技で魅せてくれます。彼が出演する事によって、映画全体の質も高くなっている気がします。

ナレーターとして出演しているケースも多いですが、聡明で優しいトーンの声がまたいいですね。昔から好きな俳優の一人ですが、ハリウッドでこの人を超える役者は他に頭に浮かんできません。演技派俳優と共演しても相手を一切喰う事なく、相乗効果となって互いに引き立ちあってしまう程のバランスの良さもあります。

で、今回観た『ラブ・アペタイザー』もすごく良かったです。

Feastoflove

『ラブ・アペタイザー』 86点

ラブ・ストーリーはあまり好まないんですが、こういう大人な愛を語ったものには結構ハマってしまいます。出てくる人達は、みんな前向きで優しくて、そして暖かい。ネタバレはしませんが、ラストが特に良かった。お薦めです。

|

2008年8月26日 (火)

SUPER Z 完成

2000番の研ぎだし中に力をいれすぎたみたいで、
デカールがちょっと削れて欠けてしまいました。
なので、青島文化教材社へデカールのみを取り寄せる事に・・

Seal
説明書の裏を読むと取り寄せには届くまでに2〜3週間かかりますとの事だったんですが、4日で届きました。デカールを貼り直し、クリアを吹き付け、研ぎだし後・・


Dscf0854
コンパウンドで表面を磨きます。


Modelongwax
そしてさらに、モデリング・ワックスで磨く。


Dscf0864
表面加工が終わったら、各パーツの取り付け。
ウィンドウフレームにはより金属感を出す為に
メタルックを貼っています。


Dscf0868
後は、シャーシとボディを
組み合わせれば・・


Daimon_2

 
Superz001_2
シピーン!

Superz004

その他、HPのギャラリー(特撮)に
完成品画像をアップしています。

|

2008年8月25日 (月)

クローン・ウォーズ

早速観に行ってきました。

Ahsoka_tie
『クローン・ウォーズ』 84点

映画『クローン・ウォーズ』は、タイムワーナーの全米アニメーション・チャンネルで今秋から放送されるTVシリーズの序章。ストーリーはエピソード2から3までをつなぐもので、その1話目が記念として劇場で特別公開されました。

ワーナー配給なので、20世紀FOXのファンファーレがない。
テレビ・シリーズなので音楽がジョン・ウィリアムズではない。
CGキャラになじめない・・

・・等々、SWファンには、ちょっとがっかりな点もあるようですが、あくまでテレビシリーズの長編作。

SWを溺愛してる僕にとっては素直に楽しめたし、なぜか賛否両論みたいですが、キャラデザインも本気で格好いいと思ってます。

スターウォーズの新作としてこれから観に行く人たちには、CGアニメ版だということを割り切った上で、新しい文化として受け入れて欲しいものです。

ライトセーバーのグリップが座頭市のようなアナキンのパダワン(弟子)、『アソーカ・タノ』もすごくかわいかった。

|

2008年8月22日 (金)

bassy.org

このブログのサイドバーにあったギャラリーページをまとめただけなんですが、HPを作りました。大したボリュームではないので、時間のある方は是非。

bassy.org

Massivemmm

|

2008年8月21日 (木)

スイングセッター

まだ2日目ですが、毎朝、近所の打ちっ放しの練習場に行ってます。9月のコンペに向けて、出来るだけ続けたいと思います。

Dscf0847
これは正しいスイングを身につけることが出来るスイングセッターという練習機器。上達するかな・・

|

2008年8月18日 (月)

SUPER Z ♯3

お盆は友達が家に遊びに来たり、ゴルフに行ったり、美味しいもの食べに行ったりで、あっという間でした。

で、スーパーZにもちゃんと手をつけてます。

Dscf0834
内装の塗装。こういった細かい作業はグラフィック・デザイナーならではという自負があります。手抜きはありません。メーター部分とか、せめてデカールがあればもっと楽なんですが・・


Dscf0842
そして、シャーシにセットします。説明書にあるソファの色指定はグレーだったんですが、ボディの金との相性が悪い気がしたので、明るいベージュにしました。


Dscf0826
ボディにデカールを貼った後、エアブラシでクリアーを吹き付けます。画像はクリアーコーティングの表面を均一にする為に2000番のペーパーでヤスリがけをしているところ。


Dscf0828
デカール部分を傷つけないようにクリアー層部分だけを研ぎだしします。力を入れすぎたり、やりすぎるとデカールや塗料の金まで削られてしまいます。この後、水洗いをして、コンパウンドで表面を仕上げて行きます。

♯4へつづく・・・

|

2008年8月16日 (土)

蓼食う虫も好き好き

先日、星宙(ほしぞら)という店で食事をしていた時、お刺身のツマの蓼(たで)を初めて食べてみたんですが、異常に辛かった。辛いものは割と得意なんですが、蓼は生理的に受け付けないみたいです。蓼アレルギーとまでは言いませんが、苦手なものがひとつ増えました・・・

そして、蓼とは関係ないですが、その食事の時の写真。

Dscf0818_3

Dscf0815

Dscf0820
どれも美味しかったです。蓼を口にいれたのが、食事の後半だったのが幸い。しばらく口の中が麻痺してました。

本来は神経の末端を刺激して食欲を増す働きがあるらしいんですが・・

|

2008年8月11日 (月)

ダークナイト

Darknight

新作のバットマンは善悪の役割分担が不明瞭という斬新なストーリーが哲学に深みを増した大人な様相。

映画の最大の急所は、自意識過剰なバットマンとは正反対に、アナーキーな無意識ぶりが際立つジョーカー。そしてモラルの境界でゆれるゴッサム・シティの光の騎士、デント検事(トゥー・フェイス)とのサスペンス仕立てな3人の激突。

もう闇の騎士は必要ないとバットマン業を引退したがるブルース・ウェインの葛藤。物語はバットマンの存在の意味を問い直すもので、デント検事の正義とその裏で次々に罠をしかけていくジョーカーとの三角関係がダークナイトの闇をさらに深めています。

エンドロール後にタイトルの意味が完成された時、しばらくの間、病的な闇の世界が脳裏に焼き付いて離れませんでした。

バットマンにやたら魅力を感じるのは、そういった病的な格好よさがどこか精神的な内面の何らかの手の届かない場所に心地よく触れているのかもしれません。

この映画が遺作となってしまったジョーカー役のヒース・レジャーも1作目で演じたジャック・ニコルソンを完全に超越してました。看護婦の変装もやたら格好良かった。

歴代バットマン映画でナンバーワン確定は間違いないですが、映画としても格上の出来。

ダークナイト 特別版 [DVD]DVDダークナイト 特別版 [DVD]


販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

発売日:2008/12/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

2008年8月 7日 (木)

SUPER Z ♯2

作業工程の多い車のプラモデルはとにかく時間を要します。

Dscf0788
ガルウィング部分の内側だけのマスキング。


Dscf0789
裏側も同様にマスキング。これを2セットです。
プラモは作業のほとんどがマスキングのような・・・


Dscf0793
画像はボディにゴールド、ブラックを吹き付け、スミ入れまで終わったところです。まだツヤはありません。次はデカールを貼り、クリアを吹き付けて2000番のペーパーでならした後、コンパウンドで研ぎ出しです。この後の研ぎ出し作業が一番難しく、カーモデルの醍醐味でもあります。

現段階で全工程の3分の1ぐらいが終わったところ。まだまだこれからという感じ。


Dscf0786
粒入りみかんジュースで休憩。子供の頃に誕生日パーティーなどで良く見かけるドリンク四天王は、コーラ、ファンタ、カルピス、100%オレンジで、たまに登場する”つぶつぶみかん”は別格でスーパースターな存在でした。粒が入っているだけでえらく贅沢に感じます。

♯3へつづく・・・

|

2008年8月 5日 (火)

Love Is A Losing Game

何かと世間を騒がせているエイミー。
それにしても24歳とは思えないほどの貫禄・・・
この曲は好きで良く聴いてます。

Love Is A Losing Game / Amy Winehouse

|

2008年8月 4日 (月)

Trenchtown Rock

人生の100曲。

Trenchtown Rock / Bob Marley & The Wailers

ボブ・マーリ−のアルバム「ライブ」はネ申懸かってます。
ダニー・ハザウェイの”ライブ”と同様に・・・

|

2008年8月 1日 (金)

色彩のブルース

大好きな曲。”人生の100曲”に殿堂入りしてます。

~Midnight Dejavu~色彩のブルース / EGO-WRAPPIN'



You'd Be So Nice To Come Home To / Helen Merrill

この曲が元ネタ?

|

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »