« SUPER Z ♯2 | トップページ | 蓼食う虫も好き好き »

2008年8月11日 (月)

ダークナイト

Darknight

新作のバットマンは善悪の役割分担が不明瞭という斬新なストーリーが哲学に深みを増した大人な様相。

映画の最大の急所は、自意識過剰なバットマンとは正反対に、アナーキーな無意識ぶりが際立つジョーカー。そしてモラルの境界でゆれるゴッサム・シティの光の騎士、デント検事(トゥー・フェイス)とのサスペンス仕立てな3人の激突。

もう闇の騎士は必要ないとバットマン業を引退したがるブルース・ウェインの葛藤。物語はバットマンの存在の意味を問い直すもので、デント検事の正義とその裏で次々に罠をしかけていくジョーカーとの三角関係がダークナイトの闇をさらに深めています。

エンドロール後にタイトルの意味が完成された時、しばらくの間、病的な闇の世界が脳裏に焼き付いて離れませんでした。

バットマンにやたら魅力を感じるのは、そういった病的な格好よさがどこか精神的な内面の何らかの手の届かない場所に心地よく触れているのかもしれません。

この映画が遺作となってしまったジョーカー役のヒース・レジャーも1作目で演じたジャック・ニコルソンを完全に超越してました。看護婦の変装もやたら格好良かった。

歴代バットマン映画でナンバーワン確定は間違いないですが、映画としても格上の出来。

ダークナイト 特別版 [DVD]DVDダークナイト 特別版 [DVD]


販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

発売日:2008/12/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« SUPER Z ♯2 | トップページ | 蓼食う虫も好き好き »