« ギョウブのフィギュア | トップページ | Priscilla Ahn »

2008年9月17日 (水)

怪彗星ツイフォン ♯1

ウルトラマンとレッドキングが戦うシーンを
製作して欲しいという依頼。

Dscf1138_2
依頼者から届いたレッドキングは、海洋堂製で
塗装済完成品のものだったんですが
リペイントや改造もOKとの事。


Dscf1136_2
とりあえず、牙の精度がイマイチだったので、
上あごをバラして、全部削ぎ落としました。


Dscf1190_2
こんな感じで舌と歯をパテで造って行きます。


Kaiyodoman
これがウルトラマンのキット。サイズはレッドキングと同じ1/350。古い物なので、それほど出来の良いキットではありません。細すぎる体型やポージング含め、大幅な改造が必要です。

で、依頼者の希望は、マンは2代目のBタイプ。
レッドキングも2代目のゴールドカラーで・・・
これをジオラマで再現していきます。
というわけで、第26話の・・・


Kaisuisei01
というエピソードをDVDで観てみる事にしました。


Ulman02
どくろ怪獣レッドキングの登場。
物語の舞台は日本アルプスで、レッドキングは
水爆を飲み込んでいるという設定。


Dscf1343
レッドキングは怪獣界の暴れん坊ナンバー1だそうですが、
僕の好きなピグモンを踏みつぶした怪獣でもあります。
正直どうでもいいですが・・


Dscf1300
そしてマンの登場。マンって言うな(笑)
マニアは、ウルトラマンの事を
「ウルマン」とか「マン」と呼ぶらしい。
ちなみに「帰って来たウルトラマン」は”帰りマン”。


Ulman01
レッドキングにマッサージを受けるマン。
・・ではなくて、レッドキングの怪力に手こずるマン。
水爆を飲み込んでいるのでスペシウム光線も出せません。

この後のマンの行動がかなり強引なんですが、
念力でレッドキングを空中に浮かした後、
八つ裂き光輪で体を切断。
水爆の詰まった頭部は宇宙に運んで爆破・・
マンは絶対”S”ですね。

そして、♯2へ続く・・・

|

« ギョウブのフィギュア | トップページ | Priscilla Ahn »