« 金星ガニ | トップページ | One More Cup of Coffee »

2009年10月 1日 (木)

尿管結石

尿管結石は七転八倒の苦しみで起き上がれないほど痛く、脂汗を流して苦しむといわれています。第一回目の痛みの発作は突然襲うことが多いようです。突然襲う激痛であわてて救急車を呼び、病院に担ぎ込まれることになります。しかし、病院に着いた頃には痛みがなくなっていることもあります。

・・・尿管結石で検索したら↑こんな記述がありましたが、まさにその通りの展開。先月15日の朝3時頃、急に下腹部から背中にかけて激痛が走りました。乗り心地の悪い救急車で病院に担ぎ込まれ、採血と尿検査をしました。

尿管結石の疑いで泌尿器科に行ってレントゲンをしても結石は見つからない。造影剤を点滴してレントゲンしても石が映らない。ぼうこうを検査しましょうってことになって、M字開脚になってちんこからCCDカメラを通されましたが異常なし。とりあえずコスパノンという尿路を広げる薬、ボルタレンという座薬をもらって様子を見る事に。

そして2週間後の29日。ふたたび激痛が走りました。初回を上回る痛み。聞いた話によると、出産、心筋梗塞、尿管結石は三大痛と呼ばれるほど強力なものらしい。よくわかりませんが、とにかく痛い。

で、病院でCTスキャン、エコー、心電図、レントゲンを撮って検査結果を待つ。するとCTにはっきりと石が映ってました。しかもふたつ。で、新たにウロカルンという薬を処方してもらいました。看護婦は石を溶かす薬ですと言ってましたが、医師は尿路を広げる薬と言ってました。どうやら溶かすっていう薬では無いっぽい。確かに、もし溶けるなら出てくるわけがない・・・じゃあコスパノンは何?

こういう風に書くとすごく大袈裟というか大病のように捉えがちですが、先生が言うには死ぬ事はないし、病気ってほどのものでもないらしい。

意外に周りにも経験者が多く、色んな体験談を聴きました。「ほうれん草と生レバー、寝る前のポテチは厳禁」とか、「おしっこでBB弾よりちょっと小さい石が出て、便器でカチンって音を立てるよ」っていう情報も・・・

そんなわけで、CTスキャンで検査した翌々日の今朝。ひとつ目の石が出ました。その爽快感は半端じゃありません。妙にスッキリで、悪魔が体から出ていった気分・・。でもあとひとつです。

急に激痛が走るので、体に小さな爆弾をひとつ抱えてるような感覚です。

水分を大量にとって早くストーンと出したいと思います。

|

« 金星ガニ | トップページ | One More Cup of Coffee »