« 2001年の映画ベストワン | トップページ | 1999年の映画ベストワン »

2012年4月20日 (金)

2000年の映画ベストワン

イーストウッドの『スペース・カウボーイ』と悩みましたが、2000年のベストワンは・・・

Amerikanhistory

『アメリカン・ヒストリーX』

凶器と理性という全く違う心情を演じ分けるエドワード・ノートンの怪演ぶりは相変わらずですが、さらにこの役者が凄いのは「怒り」の部分と怒りを「制御」する側の双方に共感出来てしまうところ。差別への意識改革がエドワード・ノートンというフィルターを通して伝わってきますが、根深い人種問題へのメッセージは、救いの無いラストと共に痛く突き刺さる。

|

« 2001年の映画ベストワン | トップページ | 1999年の映画ベストワン »